小児科について

小児科は、子供を診察することになります。なので、一般の診療科とはまた違います。小児科ではどんな病気でも診療を行う事が出来ます。
子供と大人では、体のつくりが違います。そのため、薬や治療法が違う事があります。子供でも、難病を抱えることが稀にあります。そのような場合では治療はとても慎重に行われることがあります。大人と同じ治療を行うと薬の副作用や新たに病気を抱えることになります。このようにならないように小児科で、子供の体に合わせた薬や治療が行われます。子供は、病院が嫌いな子もいると思います。その時は、看護師や医師がケアを行うようにしています。小児科は、子供の心理学が必要になることもあります。。子供を上手く治療を行いやすいように持っていくことができます。小児科は、小児科専用の病棟があり、小児看護専門看護師もいます。子供が大きな怪我や病気を抱えることになると小児科専門の病棟で治療が行われます。子供は、とても寂しがりで父親や母親がいないと不安になることがあります。小児科の医師や看護師はケアを行う必要があります。他の診療でも大変ですが小児科は子供の面倒を見ることになります。体への負担よりは、精神的な負担が大きい事があります。小児科の医師や看護師がいないと子供の治療を行う事はできません。また、手術については、大人より体力がありませんので手術は時間をできるだけ短くする必要があります。小児科は、普通の診療とは違いますが医療行為を行う同じ立場になります。

Theme by RoseCityGardens.com