児童心理学

小さな子供を病院に預けておくのは心配でしかないと思います。
最近の病院では出来るだけ親子がゆっくり過ごせるように配慮されたものが主流になってきています。
担当の看護師は児童心理学を学んでいたり、カラーセラピーを取り入れた看護をしたりと、昔とはずいぶん様変わりをしてきています。
児童心理学は子供の心の動きを知るうえで役に立ちますし、辛い治療を受けている子供のケアも出来るようになります。
カラーセラピーは近年取り入れている病院も多くなってきて、色が人に与える影響を考えて、その子供にあった色を配色することで子供の治療に役立てるといったものです。
一見、小児科にあまり関係がないように思われますが、親と離れて治療を受けている子供にとって児童心理学を学ぶことで心のケアをすることが可能になります。
心のケアをすることで、本来持っている治癒力が高まり、病状の改善にも期待がされていますので、このような資格を持っていると小児科担当の看護師として転属申請をしても通りやすいかもしれません。
児童心理学は資格取得に時間が必要かもしれませんが、今後も小児科での活躍も期待できますし、また転職の際にも有利な資格になると言われていますので、早めに取得しておくと良いのではないでしょうか。
カラーセラピーは小児科だけでなく、妊婦にも良い影響が期待できますし、病院や医療以外にも活躍する機会が多い資格ですから、時間があれば挑戦して取得しておくと良いと思います。
このような資格は出来れば学生時代に取得しておくと良いようです。就職して、仕事しながらではなかなか勉強する時間もありませんし、事前に取得しておくと何かと有利な資格になります。

Theme by RoseCityGardens.com